新卒におすすめの本!新社会人が読んでおくべき成長できる本

  • LINEで送る

スポンサードリンク




新卒が読むべき本

いよいよ新社会人。

社会人としてのマナーは?
社会人の服装は?
職場の人とはどうやったらうまくいくの?

いろいろ不安な点は多いと思いますが、何より大切なのがこれからの人生を生き抜いていく心構えです。

何が起こるかわからないのが今の世の中です。

「優良企業」と言われていた日本航空が企業再生法の適用を受けたり、シャープが経営危機に陥ったり。

大企業に入ったから、就職できたから、安心というわけではありません。

みんなが自分の人生の「個人事業主」です。「経営者」です。
そう思って生きていかないと難しい時代です。

では、予想がつかない人生をくぐり抜けていく上で、
新卒・新社会人に大切なスキルや心構えは何なのでしょう?

一番いいのは、成功者の経験から学ぶことです。

とてつもない成功者は、とてつもない苦労もしているもの。

成功者はどうやって困難を乗り越えてきたのでしょうか。
成功者は何を重視して生きてきたのでしょうか。

成功者の経験から学べるものは非常に大きく、また新卒・新社会人にとってメリットがあります。
スタートしたばかりのフレッシュな時期に学べるからです。

でもビジネス書も経営者の本もたくさんありすぎてどの本を読めばいいかわからない!

そんな新卒・新社会人のあなたに、まず読むべき本を厳選してご紹介いたします。

資格をとったり、セミナーに出席したりすることもよいでしょうが、
さらに大きな人生のアドバンテージを得ることができますよ!!

新卒におすすめの本!新社会人が読んでおくべき成長できる本『志高く 孫正義正伝 新版』井上 篤夫

図書館の若い女性

(出典:Vive La Palestina クリエイティブコモンズ)

今日本で一番成功している経営者は誰でしょうか?

そう聞かれたらおそらく孫正義の顔を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
『フォーブス』誌の2014年の資産家ランキングで日本1位になった孫正義。

でも、孫正義がすごいのは保有する資産が莫大だからではありません。

もちろん孫正義が経営者として抜群の才覚に恵まれていることはたしかです。
でも、何よりすごいのは数々の苦境をくぐり抜けてきたこと。
そして時代を読んで行動してきたこと。
つまり、孫正義の生き様そのものなのです。

孫正義が自分の身一つでゼロからスタートしたのをご存じでしょうか?
莫大な借金を背負っていた時期があったのはご存知でしょうか?

この本を読めば、自分の人生の個人事業主であるあなたが、どういう心構えで生きていけばいいのか、
どうやって仕事に取り組めばいいのか、自ずとわかるはずです。

新卒・新社会人が必読の本です、ぜひ手にとってみてください。

新卒におすすめの本!新社会人が読んでおくべき成長できる本『志高く 孫正義正伝 新版』の内容

本を読む若い女性

(出典:Vive La Palestina クリエイティブコモンズ)

 

この本は、孫正義の人生を綴った本です。

当時高校生だった孫正義のアメリカへの旅立ちから本編が始まります。

孫正義は、1957年、在日韓国人三世として生まれました。
小学生から利発で友人たちの人望も篤かった孫少年。

名前のとおり正義感の強かった少年でしたが、最初に憧れたのが学校の先生でした。
両親にその夢を語りましたが、国籍の問題で先生にはなれないと知ります。
国籍というハンディキャップ。

坂本竜馬に憧れ、「志高く、堂々と人生を歩んでいきたい」と思っていた少年は、
高校進学を控え、事業家になることを決意していました。

ここからの孫正義の行動力には目を見張るものがあります。

高校入学後には「学校を作ろう」と担任の先生や校長先生をスカウト。

そして、高1の夏休みに出かけた一ヶ月の語学研修でアメリカに渡ることを決意するのです!

「人生は短い。若いうちに行かなければ、あっという間に過ぎてしまう」

高1で渡米、七か月後にアメリカの高校に編入した孫正義は、校長にかけあい三年生への進級を要求します。
猛勉強して、大学の検定試験を受けます。

でも語学の壁があって、時間が足りない!
ここでなんと孫正義は試験官にかけあい、時間延長と辞書の使用を認めてもらいます。

そしてカレッジに入学後は、平均睡眠時間3時間でひたすら勉強します。

短い時間で稼ぐために、思いついたのが発明でした。

音声付き電子翻訳機を思いついた若干19歳の孫正義は、
「自分でやるより各分野のナンバーワンのパートナーを集めるほうが効率がいい」と行動します。

そして、行動に行動を重ね、翻訳機を完成。

まだ学生でありながら1億円の契約を得ます。

卒業後日本に帰国した孫正義は母との約束を守るため、文字通り裸一貫からスタート。

時代を見据え、コンピューター業界で事業を興すことにします。

お金もない、人脈もない。
そんな状況から、強い意志と行動力で、道を切り開いていくのです。

数々の妨害も受けます。
保守的な層の妨害、利益を守りたい人々からの妨害。
でも、孫正義は挫けません。

逆境をはねのけていきます。

しかし、事業が軌道にのった頃には慢性肝炎という重い病に倒れてします。
三年間の闘病生活。
治る見込みがない絶望…。

この本を読むと、孫正義がどれほどの苦難を歩んできたか、
その苦難を乗り越えられた原動力が何なのかが理解できます。

新卒におすすめの本!新社会人が読んでおくべき成長できる本『志高く 孫正義正伝 新版』から学べること

新卒社員が学ぶべきこととは

孫正義は天才です。
ビジネスセンスが抜群です。
発想も常人とは違います。スケールが大きいです。
だから、自分とは違いすぎる、そう思われるかもしれません。

でも、新卒・新社会人にとって貴重な教えが多々あります。

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その1. 実行すること!行動力がなければ意味がない

行動する女性

孫正義の人生の道を切り開いた源、それは類まれなる行動力です。

渡米も、起業も、優れた人物との面会も、すべて行動力のたまものです。

私たちは、思いついても「まあ無理かな」と諦めてしまったり、
「そのうちやろう」と思うことが多いのではないでしょうか。

でも、思っているだけ、考えているだけでは意味がありません!

行動して初めて何かが生まれるのです。

不安かもしれませんが、動くこと、行動することです。

「人生は短い。若いうちに行かなければ、あっという間に過ぎてしまう」
アメリカへ渡った時の16歳の孫正義の思いを、新社会人のみなさんにこそ抱いてほしいと思います。

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その2.失敗する!でもへこたれない

へこたれない女性

この本を読むと、孫正義は失敗もたくさんしています。
友人に売上をごまかされたり、商談で失敗したり。

でも、その失敗がさらに孫正義を強く、賢くさせるのです。

そうです。失敗を恐れていたら、何も学べません。

恥ずかしいとか、こわいとか思って失敗を恐れていては、成長できないんです。

大きな目標にチャレンジして失敗する人ほど成長できるんです。

だとすれば若いうちにチャレンジして失敗しておけばおくほど有利ではないでしょうか。

失敗したことのない人は、どこで手を引けばいいのかという判断も下手です。
引き際を見極める力をつけるためにも、失敗は必要です。

失敗すればもちろん凹みますし落ち込みますが、頭の中で考えてるだけでは成長できません。

人生のために、若いうちにたくさんチャレンジしてたくさん失敗してください。

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その3.がむしゃらに努力する

努力する女性

この本を読む人が驚くのは、孫正義が恐ろしいまでの努力家であるということです。

ビジネスの天才であると同時に努力の天才です。

睡眠時間3時間で勉強した学生時代。
土日も休まず、睡眠時間を削って働いた日本ソフトバンク時代。

イチローもそうですが、人生で成功した天才は、実は努力の天才でもあります。

天才は自分とは違う、と思わずに努力する姿勢から学びましょう。

睡眠時間はちゃんと取りつつ、目標が定まったら必死に努力してください。

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その4.明確な目標を持つこと

目標を持つ若者

孫正義は、十年後、二十年後の目標を持って生きてきました。

二十代で自分の事業を興す。
三十代で軍資金を貯める。
四十代で大きな事業に打って出る。
五十代で大事業を成功させ、六十代で次の経営者にバトンタッチする…。

私たちはこれほど大きな目標にはとても手が届きませんが、
目標を明確に定めることが、人生の勇気をくれます。

漠然と生きていては、人生はあっという間です。

明確な目標があるから、日々の仕事をがんばることができます。

十年後、二十年後に自分が何をしたいのか考えてみてください。

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その5.計画はしっかり立てること

計画する

孫正義には行動力もありますが、冷静な計画立案能力があります。

みなさん御存じのとおりガンホー・オンライン・エンターテイメントの孫泰藏は弟さんですが、
弟さんが受験生時代に孫正義がしたアドバイスがすごい!

どんなに綿密に計画を立てても計画どおりにいくとは限らない。
だから一年間を一二ヶ月で割ってはいけない。一四で割るように、と。

そうすることで二ヶ月の余裕ができるのです。

一週間も七でなく九で割るように、と。

順調に進まないことも考えて、余裕を持って計画するという思考法。
すごいと思います。

この計画の方法って、私たちもすぐに参考にできますね!

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その6.損をしたとしても信頼をとる

信頼されること

この本を読むと、孫正義がどれほど信頼を大切にしているのかがよくわかります。

一つエピソードを紹介します。

孫正義が中心となって設立した日本ビジネスランド社という会社がありました。
ソフトバンクだけでなく、NECや東芝、富士通、キャノン、ソニーなども出資していました。

しかし、合弁しているアメリカ本社の経営が傾いて買収されることに。

孫正義は、この時出資してくれた全社に満額返済しています。
ソフトバンクは二億円の欠損を出したのですが。

また、孫正義はこんな言葉も発しています。

「たとえば、たかが500億やそこらで友情を裏切ったら、しょせんその程度の人間なんだ。そういう人間にぼくはなりたくない」

信頼をいかに大切にしているかがわかりますね。

信頼はお金では買えません。

社会人として生きていく上で、新卒・新社会人のみなさんには信頼の大切さを肝に銘じていただきたいと思います。

新卒・新社会人におすすめの本から学べること!その7.いつも笑顔でニコニコしている

笑顔でいること

孫正義は、いつもニコニコ笑顔です。

闘病生活時代は厳しい顔も見せますが、それは期待しすぎないためでした。

笑顔でいること、それが孫正義が人を惹きつける理由の一つでもあります。
またアメリカでの経験で培った知恵でもあると思います。

社会人として、私たちはいろんな人に会いますね。

コンディションが悪い時も、しんどい時もあります。
でもその時に、笑顔で仕事できているでしょうか?

就職した当初はみな「採用してもらったから会社に貢献するぞ」と思っています。

でも、毎日仕事をしているうちに、不平不満を言うようになる人もいます。

友達と比べてボーナスが安いとか、仕事がつまらないとか…。

早く辞めたい!と一ヶ月で公言する人もいますね。

初心を忘れてしまうのが人間の哀しいところではありますが、
一ヶ月では何もわかりません。

ブラック企業は別ですが、新卒・新社会人として真摯に仕事をすること。

そして笑顔で仕事をするよう心がけてください。

この本は、もっといろいろなことを教えてくれるのですが、
特に新卒・新社会人の方々に特に役立つ教訓をピックアップしてみました。

ぜひページを捲って本当に役に立つ心構えと知恵を学んでください。

あなたは人生という名の事業の経営者です。

そして人生は短く、一度きりです。

後悔しないように、全力で生きてみてください。

成功している人に不可欠な条件ってご存知ですか?

20代に読んでおきたい本はこちらから!

 

志高く新版 [ 井上篤夫 ]

志高く新版 [ 井上篤夫 ]

<新卒・新社会人におすすめの本のデータ>
『志高く 孫正義正伝 新版』
井上篤夫 (著)
実業之日本社
464ページ
2015月1月31日発売
人生へのお役立ち度★★★★
おすすめ年代 15歳~
おすすめ性別 男女とも

<作者プロフィール>
1947年生れ。日本の作家・翻訳家。アメリカ、英国を中心に、時の人物を深く掘り下げた評伝を数多く執筆。翻訳の分野でも活躍している。

The following two tabs change content below.
吉乃川なつ

吉乃川なつ

本とお酒が大好き! 本は小説からビジネス書、マンガまで前に出されたら何でも読んじゃいます。お酒もビール、日本酒、ワイン、すべて愛しています。 人生や仕事に疲れたみなさんに、ホッと安らげるような記事をご提供できればと思います。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

2 Responses to “新卒におすすめの本!新社会人が読んでおくべき成長できる本”

  1. […] また、新社会人がチェックしておきたい心構えってご存知ですか? […]

  2. […] 経営者を目指す人も、そうでない人も要チェックです!! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ