笑える小説!ゴリラも抱腹絶倒のおすすめ爆笑小説

  • LINEで送る

スポンサードリンク




誰が読んでも笑える小説

思い切り楽しみたい!
明るい気分になりたい!

でも、つまんない小説買ってしまうと損しちゃうし…。
「楽しい」」って保証付きの小説はないの?

そんなあなたに誰が読んでも楽しい気分になれる笑える小説をご紹介します。

サラッと読めて、明るい楽しい気分になれます!

 

笑える楽しい小説のおすすめ!スカッとしたい時に読みたい『三匹のおっさん』有川浩

笑う女の子

人気作家有川浩の小説の中でも、特に楽しい気分になれる笑える作品がこの小説です。

ストーリーも楽しく、キャラクターもみんな魅力的です!

「有川浩はちょっと…」と思われる上の世代の方にも、絶賛おすすめです。
極上のエンターテイメント小説と言っても過言ではないでしょう。

やめられない、止まらない面白さで笑えますので、お金のムダにはなりません。

最近ハズレ本ばっかり買ってしまって…。
ホントに笑える面白い本ってあるの?
と疑っている方にぜひ読んでいただければと思います。

第一話から第六話までストーリーが6個収録されていますので、本が嫌いな方は一つずつ笑いながら読まれるとよいと思います。

スポンサードリンク



笑える楽しい小説のおすすめ!スカッとしたい時に読みたい『三匹のおっさん』のあらすじ

 

笑う高校生

アラ還、つまりアラウンド還暦。60歳を迎えたおっさんが主人公です。

長いことサラリーマンをしながら剣道の道場を続けてきた剣道の達人清一。

道場も最後の生徒が出ていき、会社でも退職を迎えます。

「おじいちゃん」扱いされて憤慨する清一。
嘱託として、ゲームセンターで働くことになるのですが…。

「おじいちゃん」なんてとても呼べない元気な主人公は、親友の二人と夜回りを始めます。
私設自警団のようなものです。

一人は居酒屋をやっている柔道の達人、もう一人は工場を経営する機械いじりの天才。

それぞれ個性に溢れたおっさん三人は、「三匹の悪ガキ」と呼ばれた悪ガキ仲間でした。

この三匹が夜回りして、町内で起きる様々な事件を解決していくのです。

この設定だけでも笑えます。

ですが、この三人がメチャ強いです!賢いです!
大活躍して事件を解決していく、その爽快なことといったら!!

楽しいし、ユーモラスな描写や掛け合いに笑えること必至。

正義が勝って悪事は明るみに出るという痛快小説です。

例えば第一話はゲームセンターの恐喝事件。

清一が働くことになったゲームセンターでは、なぜか強盗・恐喝事件が起きたり、売上の盗難が頻発していたんです。

調査にのりだした三匹。

調べるうちに、店長がゆすられていることを突き止めます。

ゆすりに屈していたけれども、罪悪感で苦しんでいた気の弱い店長…。

でも三匹の活躍で、無事悪党との縁を断ち切ることができます。

まるで水戸黄門のような展開です。笑えます。
三匹のおっさんの活躍に絡んでくるのが、清一の孫の祐希です。

高校生の祐希は今どきの高校生。

清一は息子家族と二世代同居しているのですが、
甘ったれの息子夫婦と違って、この孫はしっかりもの。

買いたいものもバイトして買う、という子なのです。

偶然バイト先が清一の嘱託勤務先のゲームセンターと一緒ということもあって、事件に関わってきます。

孫の祐希は、筋が通って強い祖父のことを実はとても尊敬してるんです。

でも顔を合わせると清一と口喧嘩ばかり。そのやりとりも笑えます。

孫の祐希が、機械いじりの娘早苗と恋に落ちていく展開がこの小説の見所の一つです。

どのストーリーも大立ち回りがあり、ホロッとする人情劇があり、クスッと笑えるユーモアがあり…。

面白いです!!

つまらない日常に退屈している方、「悪い奴が得してる」と今の世の中に不満をお持ちの方は特に楽しめると思います。

スポンサードリンク



 

笑える楽しい小説のおすすめ!『三匹のおっさん』のスカッとするポイント

笑うお年寄り

退職したら老人扱い、の世の中です。

「おじいちゃん」と呼ばれることに抵抗感をもち「おっさん」と呼ばれたい主人公たち…。

そんな彼らが思い切り大活躍する姿に笑いつつ、スカッとせずにいられません。

悪い奴らがのさばっている世の中で、悪事を働く輩をたたき切っていくのです。

その様子はさながら時代劇のようです。

この世代を描いた小説は、シリアスな題材になりがち。

でもこの小説は違います!おっさんたちを軽やかにそして魅力的に描いているんです。

笑えます!

そしてこの本は、ユーモアあふれる笑える小説なのに、巧みに世相を切り取って「あるよね、こういうの」と思わせてもくれるんです。

中学校の動物虐待事件では特進クラスの生徒たちが犯人でした。

他人に責任を押し付けようとした根性の悪い生徒たちを、主人公は「ブランドガキ」と切って捨てます。

結局この事件で、生徒たちが処罰されることはありませんでした。

ありがちですよね。

でも、この事件に関わった二人の飼育係の中学生は、我が身を反省します。

「ブランドガキになるなよ」という清一の言葉に、自分の汚いところ、ごまかしていたところに気づくんです。

一人は小学生の時にしたイジメ、もう一人は昔駄菓子屋さんで万引きしたことを後悔します。

イジメをしていた女の子は、相手のうちに電話をかけて謝ろうとするのですが…。
当然許してもらえません。

でも、反省できるガキっていいですよね。

この小説のキャラクターは、魅力的だし笑えます。

三匹のおっさんたちは、もちろんそれぞれが個性的で強くて魅力的なんですが、
その他の登場人物にも、イヤ味な人間がいないんです。

だから読んでる時も笑えて面白いし、読み終わった後も読後感がさわやかです。

高校生の祐希も早苗も、誠実でやさしい。
こんな高校生いたらいいよね、と思えます。

もちろん、この小説は文句なしに面白いです。笑ます。
お金を払って購入するエンターテイメント小説は、面白いのが大前提!

買ってよかった、とその点も満足できます。

この小説は私の両親も大好きです。
浅田次郎の『プリズンホテル』と池井戸潤の作品とこの小説は何度も繰り返し読んでいるそうです。

心から楽しみたい、笑いたい、ホロっとしたいという時にぜひご一読ください。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】三匹のおっさん [ 有川浩 ]

三匹のおっさん [ 有川浩 ]

<笑える本のデータ>
『三匹のおっさん 』
有川 浩 (著)
文藝春秋
408ページ
2009月3月発売
笑える度★★★★★
キャラの魅力度★★★★★
おすすめ性別 男女とも

<作者プロフィール>
有川浩(アリカワ・ヒロ)
1972年6月高知県生まれ。2004年、第10回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作『塩の街』でデビューした人気作家。
「図書館戦争」シリーズ、『フリーター、家を買う。』、『三匹のおっさん』、『県庁おもてなし課』など著書多数。

 

The following two tabs change content below.
吉乃川なつ

吉乃川なつ

本とお酒が大好き! 本は小説からビジネス書、マンガまで前に出されたら何でも読んじゃいます。お酒もビール、日本酒、ワイン、すべて愛しています。 人生や仕事に疲れたみなさんに、ホッと安らげるような記事をご提供できればと思います。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

2 Responses to “笑える小説!ゴリラも抱腹絶倒のおすすめ爆笑小説”

  1. […] 笑える小説!ゴリラも抱腹絶倒のおすすめ爆笑小説 […]

  2. […] 面白ネタを探しているなら、こちら この記事を書いた僕がなぜ安定した公務員(10年間勤務)を辞めて このサイトで【癒しの記事】を書いているのか? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ