友達が欲しい人が友達をつくるためには?方法がわかる本

  • LINEで送る

スポンサードリンク




友達が欲しい猫

友達が欲しい、友達をつくりたい…。
そう思っても、なかなか友達は作りづらいものです。

友達を作るために必要な条件とは何なのでしょうか。

友達が欲しい人に、友達を探すヒントをくれる本があります。

『あらしのよるに』という、大人気の絵本です。

短いですし、あっという間に読めます。

「子供のお話」だと思っていると、見落としてしまいますが、
実は友達をつくる重要なポイントが隠されています。

ヤギとオオカミの友情を描いたこの絵本が教えてくれることとは?

友達が欲しい人が友達をつくるためには?方法がわかる『あらしのよるに』のストーリー

友達ができたヤギ

ひどい嵐の夜のことです。

主人公の白いヤギは、荒れる雨を避けて、壊れかけの小屋に逃げ込みました。

真っ暗やみの中休んでいると、大きな音がして、誰かが入ってくる気配がしました。

それは、オオカミでした。

でも、お互いの姿が見えないため、二人とも相手の正体に気づきません。

ヤギはオオカミをヤギだと思い、オオカミはヤギをオオカミだと思いこみます。

一緒に過ごして話しているうちに、二人はお互いが似ていることに気づきます。

子供の頃にやせっぽっちだったこと、親にそんなんじゃ生き残れないと言われたこと。

そして二人とも雷の音が大嫌いだということ…。
雷が鳴った時に、二人はしっかり身体を寄せ合います。

話しているうちに二人はすっかり意気投合します。

「いい友達に出会ってほんとうによかった」

そう思った二人は、食事の約束をして別れていくのです

友達が欲しい人が友達をつくるためには?方法がわかる『あらしのよるに』が教えてくれること

lgf01a201406090800
ヤギとオオカミ。

ふつうであれば、敵同士です。

でも、お互いの姿がわからない小屋で出会って、意気投合します。

中身だけなら、すごく気の合う親友になれる。
そんな相手に私たちは気づかないことが多いかもしれません。

どこの学校出身だとか、肩書だとか、ファッションの傾向とか…。
レッテルやイメージで自分の「同類」を決めてしまいがちです。

年齢や性別も、日本では友達をつくる壁になります。

でも実は「自分と違う」と思ってる人と気が合ってしまうこともあるんですよね。

友達が欲しい、でもできないと思ってる人は、凹まないでください。
そういう人に出会ってない場合も多いのです。

年齢が違ったり、全く別の学校や経歴の人の中に息がぴったり合う人がいることも。

まずは、自分の持ってるイメージを捨て去りましょう。
友達になれる可能性がある人は、生きている人全員です。

同い年に気の合う人がいなくたって、大丈夫です。
同じ学校に気の合う人がいなくたって、オッケーです。

地球上には、72億人の人がいます。

友達になれる可能性がある人はいっぱいいますよ!

ただ、自分の中の「色眼鏡」を捨て去ったとしても、
相手と出会わないことには友達になれません。

ヤギとオオカミも、出会ったこと、そして一緒に過ごしたことで友達になれました。

友達が欲しいと思ったら、外に出てみましょう。
そして、一緒に時間を過ごしましょう。

一緒に過ごす中で、相手のいいところが見えてきます。

時間を共に過すことが大切なんです。

また、大切なことは、自分の弱い部分を見せること。

自分がダメな部分を見せると、相手も気が楽になります。
そして、自分のダメな部分も見せてくれます。

友達が欲しい人が友達をつくるためには?ポイントのまとめ

lgf01a201405240800

友達が欲しい人に、試してみたいポイントをまとめてみました。

レッテルから自由になったら、そして自分の行動を変えたら、
友達ができるかもしれませんよ!

自己を開示する

自分のことを伝えること。
苦手なことやカッコ悪いこと、弱みも見せること。
自分の悪い部分も見せると、相手も自分を出しやすいものです。

共通点を探す

人は自分と共通する部分があると好感度を抱きやすいことがわかっています。
「同じだね」と思ってもらえるような共通点があるといいですね。

年齢や国籍や肩書、性別にとらわれない

実はすごく気の合う相手と、会っていない場合があります。
国籍や年齢や学歴や職業なんか気にしないで、自分に合う人を探してみましょう。

一緒に時間を過ごす

まず、友達をつくるために必要なこと。
それは一緒に時間を過ごすことです。
友達が欲しい、でも外に出ない…。
それでは、友達はできません。
外に出て、誰かと一緒に時間を過ごしてみましょう。

友達が欲しいあなたに、素敵な友達ができますように。

あらしのよるに [ 木村裕一 ]

あらしのよるに [ 木村裕一 ]

<友達が欲しい人におすすめの本のデータ>
『あらしのよるに』
木村 裕一 (著)
あべ 弘士 (絵)
講談社
48ページ
2015月1月31日発売
心があたたまる度★★★★★
おすすめ年代 すべての年代に
おすすめ性別 男女とも

The following two tabs change content below.
吉乃川なつ

吉乃川なつ

本とお酒が大好き! 本は小説からビジネス書、マンガまで前に出されたら何でも読んじゃいます。お酒もビール、日本酒、ワイン、すべて愛しています。 人生や仕事に疲れたみなさんに、ホッと安らげるような記事をご提供できればと思います。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

One Response to “友達が欲しい人が友達をつくるためには?方法がわかる本”

  1. […] 考えさせてくれる素敵な絵本もおすすめです。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ