20代におすすめの本!20代で読むべき本は?

  • LINEで送る

スポンサードリンク




二十代で読むべき本

あなたは時給580円で働きたいと思いますか?
それも週110時間労働で、土日も12時間勤務だったらどうですか?

「えっ、そんなブラック企業が今どきあるの?」と思いますよね。
これ、アメブロで有名なサイバーエージェントの創業時の実際の話です。

藤田社長は、26歳で上場したことで有名ですよね。

何か成し遂げたかったら、20代の働き方が勝負なんです。

人生は何度でもやり直せますが、20代は成長力が違う、伸びが違う!
20代のうちに読むと一生が大きく変わるかもしれません。

迷った時や悩んだ時にぜひ読んで欲しい!

そんな本を2冊ご紹介いたします。

20代に何をするかであなたの人生が決まります!

20代におすすめの本!20代で読むべき本その1『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋

本を読む二十代の女性

 

仕事ってどんなものなのか。
何が自分を成長させてくれるのか。

何となく会社に通い、何となく生きている20代に読んでいただきたいのがこの本です。

会社で「若い」と言われ、若さに安住している人には、
これを読んで焦ってほしいと思います。

20代におすすめの本!20代で読むべき本『渋谷ではたらく社長の告白』の内容

著者は、ご存じサイバーエージェントの社長の藤田晋氏。
20代で書いた本で、発売当時は非常に話題になりました。

世間ではイケメンでデキル藤田氏に、おじさんからの反感は強かったと思います。軽いというか、調子に乗ってるというか。
私もこの本を読むまで、そう思ってました。

でも、読んで見方はすっかり変わりました。

これが20代の成功者の秘密なんだって秘密がわかります!

藤田氏は大学時代に雀荘でバイトに明け暮れていました。
でも一念発起して起業を志します。

20歳の夏に広告代理店で営業を始めたのです。
やり始めたらとことんやります。

他のバイトが辞めても足を棒のようにして、バイトとして営業に回ります。
学業そっちのけで、ひたすら仕事をするのです。睡眠以外は仕事をするような日々。

バイトながら会社の大きな戦力となった藤田氏ですが、
就職活動の末、インテリジェンスに入ります。

インテリジェンスでも、朝から晩まで、土日も休まず仕事に明け暮れます。
仕事がなくても、仕事を探すんです。生活のすべてが仕事。
メチャクチャな働き方をします。

新人ながら大きな成果を上げ、一年目で稼いだ粗利が5000万円!
当然上層部から大きな期待も受けていました。

しかし、藤田氏の夢は起業です。
仲間三人で起業しよう、と辞意を伝えます。
でも、思いもよらぬ提案をされて…。

26歳で上場を果たした若き社長の怒涛の姿を綴っています。

こんなに一生懸命仕事ができますか?
20代で何をするかが勝負なんです!!

この本を読むと、「動かなきゃ」という衝動にかられます。必読です。

20代におすすめの本!20代で読むべき本『渋谷ではたらく社長の告白』のポイント

がんばる20代




この本を読むと、20代で価値ある時間を過ごすために必要なものがわかります。

それは何でしょうか?

何より行動することです!!

藤田氏は目標を立てて、ひたすらそれに向かって行動しています。
バイト先で努力して営業力を身につけ、寝る間を惜しんで業績をあげます。

20代で「若いね」と周りから言われて、自分のことを若いと思っていませんか?

私もそうでした。

若いから、周りは甘やかしてくれる。
若いから、チヤホヤして許してくれる。

でもそれって、全く自分のためにはなりませんでした。

成長するには努力するしかありません。
というか、自分を裏切らないものは努力だけです。

甘やかされるのは損をすること。

自分の成長のためには自分で努力すること、動くことが大切なのです。

20代にこの本をおすすめする理由は、読んだら「がんばらなきゃ」と思えるからです。

努力は誰にも負けない、と言えるくらいに一生懸命頑張ったことはありますか?

ダラダラしていたらもったいない!
すぐ何かしよう!
そんな気持にさせてくれる本ってあまりありませんよね。

できれば20代前半で読んでみてください。

渋谷ではたらく社長の告白新装版 [ 藤田晋 ]

渋谷ではたらく社長の告白新装版 [ 藤田晋 ]

20代におすすめの本!20代で読むべき本その2『この世でいちばん大事な「カネ」の話』西 原理恵子

 

希望に満ちた二十代の女の子

 

お父さんが借金で自殺してしまったらどうしますか?
大学に通いながら自分で生活費を稼ぎますか?
エロ本にイラスト書けますか……?

スポンサードリンク


私はお金について汚いイメージを持っていました。でも、この本を読むとお金のありがたさもわかります。
お金に汚くならずに、お金について知っておきたいことを学べます。

20代にぜひ読んでほしいおすすめの本です!

20代におすすめの本!20代で読むべき本『この世でいちばん大事な「カネ」の話』の内容

マンガ家西原理恵子氏が、人生とお金についてのエッセンスを綴った本です。
誰にとってもわかりやすく、読みやすい!

西原さんはのどかな漁村で生まれましたが、母の再婚で別の街に引っ越します。
家が殺伐とした雰囲気になります。

なぜかというと、貧乏だから。貧乏で家の中がピリピリ。
周りの子供たちの家も、ピリピリしています。

親たちがイライラして子供にあたるから、子供たちは家を避けるようになります。

「貧乏は病気だ」と西原さんは言います。
親にあたられて、子供たちがホントに傷ついていくのです。シンナーやったり、たまり場で乱交したり。
その描写がリアリティに溢れています。

西原さんの義理のお父さんは見栄張りでしたが、バクチでお金を失い、自殺してしまいます。

借金の取り立て屋も来て、家の懐事情は苦しい状態に。
でも、お母さんはそんな中で、全財産の140万円のうち100万円を西原さんに手渡します。
美大に進学させてくれるのです。

もちろん、大学は学費がかかりますよね。
だから西原さんは自分で生活費を稼がなくてはなりません。

プライドなんか投げ捨てて、エロ本にだってイラストを描きます。
どんな仕事だってしようと思うのです。

西原さんは言います。
自分が働いて得た「カネ」が自由をくれるのだと。

そうですよね。自分でお金を稼げば、自立ができます。

そして、働くことで自分の居場所ができるのです。

単にお金になることではなく、働き続けることがエンジンになるのだと西原さんは教えてくれます。

20代におすすめの本!20代で読むべき本『この世でいちばん大事な「カネ」の話』のポイン

仕事をする20代の女性

スポンサードリンク



この本には生きていくために必要なエッセンスが詰まっています。

20代というより、すべての年代の人に読んでほしい本です。

タイトルは「カネ」の話だけれど、内容は「働くことは何か」という本だと思います。

今、働くのがイヤだとか、めんどくさいと思ってませんか?

でも、それはすごい贅沢で傲慢。
大きな勘違いです。

働くことは、自分に希望をくれる、ホントにありがたいものなのです。
働くから、生きる気力が生まれる!

西原さんがなぜ貧困を病気だというかというと、
貧困が人間から希望を奪うからです。

希望がないと諦めてしまいますよね。

人間にとって一番大切なのは希望です。
でもそれを奪われてしまっている人がいる。
特に世界の貧しい地域ではそうです。

そんな人に希望をくれるものが、「働くこと」なのです。

日本に生きる20代だってそれは同じ。

働くから、希望が生まれる。

働くから、強くなれる。

西原さんは女の子の向けて言ってます。
「人のカネをあてにして生きるな」、と。

西原さんは夫を病気で亡くしていますが、
働いていたから夫を看取ることができたと言います。

「お金には家族を守る力があるんだよ」。
その言葉には、私にとってものすごく説得力がありました。

自分は貧しさを経験したことがないから、どこかお金に汚いイメージを持ってました。

でも、一生懸命働いて得たお金は、汚いはずはありませんよね。

お金のせいで父方の曾祖父はすごい苦労してます。

隣の家の人に頼まれて連帯保証人になったら、
その一家が夜逃げしちゃった。

だから曾祖父と祖父はその人たちの代わりに二代でお金を返すことになりました。

ものすごく節約して、合成酒を飲んでたそうです。

大吟醸好きの私とは全然違います。

家族を守ることができるお金のありがたさ、
そして何より働くことのありがたさをこの本で実感してほしいと思います。

ちなみに、何を仕事にしたらいいかわからない人には、
収入とガマンとのバランスが大切だそうですよ。

だから、苦しかったら逃げちゃえ!って(笑)

本当にそうですよね。

今の仕事が苦しい方は、逃げてください!!

いくら働くことが大切でも、死んでしまったら何もなりません。

パワハラで苦しんでいる人、ブラックで苦しんでいる人。

理不尽で苦しい場所からは逃げるが勝ちです。生きてることが大切です。

(自分からやりたいと思ってやっている残業と、強いられてやる残業はまったく違います。)

強いられて働いていて苦痛だ、もう生きるのがしんどくなってきた、という人は鬱状態になる前に、仕事を考え直しましょう。

 

この本はやりたいことがわからない、今悩んでいて苦しいという20代のあなたにぜひ読んでいただきたいと思います。

「生きる意味がわからない」というあなたは、この中で当てはまるものがないか要チェックです!

仕事がつらいな、と挫けそうになっている方は、元気が出る名言がおすすめです。

この世でいちばん大事な「カネ」の話新装版 [ 西原理恵子 ]

The following two tabs change content below.
吉乃川なつ

吉乃川なつ

本とお酒が大好き! 本は小説からビジネス書、マンガまで前に出されたら何でも読んじゃいます。お酒もビール、日本酒、ワイン、すべて愛しています。 人生や仕事に疲れたみなさんに、ホッと安らげるような記事をご提供できればと思います。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

2 Responses to “20代におすすめの本!20代で読むべき本は?”

  1. […] 20代に読んでおきたい本はこちらから! […]

  2. […] 何となく仕事をしている、という20代のあなたには、この本もおすすめです! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ