人気卒業ソングランキング!卒業シーズンに聞きたい定番曲

  • LINEで送る

スポンサードリンク




卒業生 袴

卒業式って、校歌じゃなくて合唱曲を合唱する学校ってけっこうありますよね。

私も小学校、高校の卒業式は国歌や校歌を歌っただけでしたが、中学校のときには合唱曲を歌いました。

うろ覚えですが、『大地讃頌』を歌ったような記憶があります。

そんな卒業式の合唱曲にしたい歌も見つかるかもしれません。

卒業シーズンに聞きたい、歌いたい定番の人気卒業ソングをランキング形式で紹介します。

プロライターが歌詞に注目して選びました。

 

人気卒業ソングランキング 第5位 卒業/尾崎豊(1985年1月発売)

尾崎豊 卒業

作詞:尾崎豊 レーベル:CBSソニー

 

卒業というタイトルの歌はいくつもありますが、まずは尾崎豊の『卒業』です。

「反逆のカリスマ」といえば魔娑斗。

「黒のカリスマ」といえば蝶野正洋。

「若者のカリスマ」といえば尾崎豊。

ということで、尾崎豊は「10代の教祖」「若者のカリスマ」なんて呼ばれていました。

この歌もただ学校から卒業するだけでなく、学校という支配からの卒業だと歌っています。

 

“チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り

何に従い 従うべきか考えていた”

チャイムが鳴って、教室に座って授業を聞くわけでもなく何に従うべきか考えているなんて、いかにも10代って感じがします。

 

“行儀よくまじめなんて 出来やしなかった

夜の校舎 窓ガラス壊してまわった

逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった”

学校のルールにがんじがらめにされている生活が気に食わなかったんでしょうね。

だからといって、窓ガラスを割ってはいけませんが。

早く自由になりかったという気持ちは多くの人が共感するかもしれません。

 

私も小学生の頃はただ無邪気に遊んでいただけでしたが、中学生、高校生となるにつれて次第に集団行動が窮屈であまり得意ではなくなっていきました。

暴れまわったりするような性格ではありませんでしたが、高校を卒業するときは地元を離れることもあって自由になれた気がしました。

 

“信じられぬ大人との争いの中で

許しあい いったい何 解りあえただろう

うんざりしながら それでも過ごした

ひとつだけ 解ってたこと

この支配からの 卒業”

大人と争うって、何を争っていたんでしょうか。

よく分かりませんが、もっと分からないのが許しあってたことです。

いったい何を許しあっていたのか、私にはもっと意味不明です。

いろいろ許せないことが多くて、闘っていたんでしょうね。

このへんは個人的にあまりピンとはきませんが、この支配からの卒業ってのはすごく共感できます。

学校という組織、支配から卒業できるのは嬉しかったです。

 

人気卒業ソングランキング 第4位 卒業/斉藤由貴(1985年2月発売)

斉藤由貴 卒業

作詞:松本隆 レーベル:キャニオン・レコード

 

つぎは斉藤由貴の『卒業』です。こちらも卒業ソングの定番です。

歌詞も卒業式の光景が浮かんでくる定番中の定番です。

 

“制服の胸のボタンを

下級生たちにねだられ

頭をかきながら逃げるのね”

昔は、卒業式に制服のボタンをもらうってよくある光景だったようです。

私が高校を卒業したのは2000年ですが、私だけでなく他の人もボタンを取られたりしているのまったく見かけませんでした。たぶん。私の見えないところで、ボタンを取られている人もいたんでしょうか。

最近の学校の卒業式では、どうなんでしょうか。

この男子は恥ずかしいのか、逃げちゃったんですね。

 

“人気ない午後の教室で

机にイニシャル彫るあなた

やめて想い出を刻むのは

心だけにしてとつぶやいた”

学校の教室の机って、なんであんなに色々彫られてるんですかね。

みんな想い出を彫るから、それが積み重なっていくんでしょうか。

想い出なんて仰々しいものではなくて、なんとなく暇で彫ってしまうんでしょう。

トイレの壁なんかにも彫られた文字やら絵やら、いたずら書きやらって、たくさんありました。

 

“席順が変わり あなたの

隣の娘にさえ妬いたわ

いたずらに髪をひっぱられ

怒ってる裏ではしゃいだ”

好きな男子に対する、かわいらしい女心です。

ちょっとここまでいくと、逆に男子の理想の女子みたいな気もします。

作詞も男性ですし。

 

人気卒業ソングランキング 第3位 春なのに/柏原芳恵(1983年1月)

春なのに

私の父親が中島みゆきのファンなので、小さい頃から車の中では中島みゆきを聴いていました。

この歌もそんな車の中で聴いていた歌の一つです。

なので、中島みゆきさんの歌だと思っていたのですが、元々は柏原芳恵さんに提供した楽曲です。

 

“卒業だけが 理由でしょうか

会えなくなるねと 右手を出して

さみしくなるよ それだけですか

むこうで友達 呼んでますね”

切ない女心ですね。

お付き合いしていたのか、少なくとも頻繁に会う仲だった二人なのでしょう。

男子は卒業するから会えなくなるねと言います。

女子はそう思っていないんですね。

中島みゆきさんの歌詞はなんとも侘びしくなるものが多いです。

 

“卒業しても 白い喫茶店

今までどおりに 会えますねと

君の話は なんだったのと

きかれるまでは 言う気でした”

白い喫茶店で二人は会っていたことが分かります。

男子は、卒業してもここで会えるねと話していたんですね。

それが卒業したら会えなくなるねに変わったんです。

だから、卒業だけが理由でしょうかという疑問になるんです。

きかれるまでは言う気でした、何をきかれるまでそう思っていたのでしょうか。

会えなくなるねという話をしたときのことを言っているんでしょうか。

 

“記念にください ボタンをひとつ

青い空に捨てます

春なのに お別れですか

春なのに 涙がこぼれます

春なのに 春なのに

ため息またひとつ”

ボタンがまた出てきましたね。

卒業式の定番アイテムだったのでしょう。

春という明るい季節と、お別れ、涙といった寂しい言葉が対比されていて、よけいに辛い気持ちが際立ちます。

ため息ももう何回もついているんですね。またひとつだから。

 

この『春なのに』という歌ですが、現在の皇太子殿下も好きな歌としてテレビで紹介されているのを見たことがあります。

高貴なお方も、やはり物侘しい歌に共感なさるものなのですね。

 

人気卒業ソングランキング 第2位 贈る言葉/海援隊(1979年11月)

海援隊 贈る言葉

作詞:武田鉄矢 レーベル:ポリドール

 

いまや伝説と化しているようなドラマ『3年B組金八先生』の主題歌です。

私も生まれる前の歌ですから、当時のことはまったく知りません。

でも、何度もテレビの特番で紹介されているのを見ているので、なんだか知っているような気分になってしまっています。実際には、ほとんど何も知りませんが。

 

上戸彩さんが性同一性障害のある女性の役を演じていたのを見たことがあります。

調べてみると、上戸彩さんが出演されていたのは2001年10月~2002年3月に放送していた金八先生の第6シリーズでした。

その後、第7シリーズ、第8シリーズも放送されましたから、若い世代の方も知っているドラマですよね。

 

『北の国から』なんかと並んで、国民的ドラマってイメージがします。

 

歌詞はまさに金八先生役を演じる武田鉄矢さんからの『贈る言葉』です。

“悲しみこらえて ほほえむよりも

涙かれるまで 泣くほうがいい”

人は素直に生きていくのが一番なのかもしれません。

ムリをしても、必ずいつかムリは続けられなくなります。

 

“人は悲しみが 多いほど

人には優しく できるのだから”

私はこの歌詞が一番強く印象に残っています。

人は傷ついた分だけ、人の気持ちが分かるようになっていくんですよね。

この歌詞を聴いて、悲しいことを経験してもきっと無駄にはならないと思いました。

 

“これから始まる 暮らしの中で

だれかがあなたを 愛するでしょう

だけど私ほど あなたのことを

深く愛した ヤツはいない”

こんなふうに断言できてしまうくらい生徒を愛せる先生ってスゴいです。

本当に真剣に生徒と向き合っていたんでしょう。

生徒も、先生が真剣に向い合ってくれているのって分かるものです。

私も中学校のときの野球部の先生は、真剣に向き合ってくれていたなというのが今でも気持ちに残っています。

真剣に向き合えるって愛情なんですよね。

 

“さよならだけでは

さびしすぎるから

愛するあなたへ 贈る言葉”

さよならって言うだけではさびしいから、こんな言葉を贈るってオシャレでいいですよね。

本気の気持ちって、きっと相手にも伝わります。

本気の気持ちが伝わってきて、心が動かされる歌詞です。

 

人気卒業ソングランキング 第1位 卒業写真/松任谷由実(1975年6月発売)

松任谷由実 卒業写真

作詞:Yumi Arai レーベル:ALFA/EXPRESS

 

多くのアーティストがカバーしている歌です。

カバーされる歌って、名曲が多いですよね。

カバーするくらいですから、アーティストから素晴らしいと思われている楽曲ですからね。

卒業式の合唱で歌われることもあるようです。

 

“悲しいことがあると開く皮の表紙

卒業写真のあの人はやさしい目をしてる”

卒業アルバムが心の支えになっている女性の気持ちが歌詞になっています。

好きだった男性のやさしい表情を見て、辛い今を耐えて暮らしているのでしょう。

 

“人ごみに流されて変わってゆく私を

あなたはときどき遠くでしかって”

大人になって、いろんなことを経験するうちに人の心はどうしても純粋なままではいられなくなってしまうものです。

そんな変わっていく私を、卒業アルバムの中のあなたは純粋なままの眼差しで見つめてくるから、大事な部分は変わらずにいたいと感じるのでしょう。

 

“あの頃の生き方をあなたは忘れないで

あなたは私の青春そのもの”

切ないですよね。

あなたに恋をしたことが、私の青春そのものなんですね。

きっと輝いている時間だったのでしょう。

一生懸命に恋をしたんでしょう。

そんな生き方を忘れないで、これからも生きていきたいですね。

 

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

卒業というおめでたい節目ですから、お世話になった方に感謝のしるしを形にしてみてはいかがでしょう。

感謝のしるしを形にするのには花束が定番ですよね。

両親、先生、友人に花束を贈ると喜んでもらえます。

 

ネット注文できて、おすすめの花屋さんを紹介しておきます。

↓↓↓こちらから
ギフト 花 誕生日 結婚祝い 退職祝い お見舞い かわいいブリザードフラワー をお買い得な価格で…

利用した方のレビューも良いです。

カーネーションきいろをチョイス。思った通りの物が届いて満足です。2年ほど楽しめるとの事ですが、又、違う物も欲しくなりました。

 

リピです。今回もプレゼント用、とても喜んでもらえました。

 

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

2 Responses to “人気卒業ソングランキング!卒業シーズンに聞きたい定番曲”

  1. […] 卒業式前に、卒業式の歌を聴いて気持ちを高めてもいいですね。 […]

  2. […] 人気卒業ソングランキング!卒業シーズンに聞きたい定番曲 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ