おすすめ抱っこ紐ランキング!抱っこ紐の使い方と選び方

  • LINEで送る

スポンサードリンク




抱っこ紐を使用する母親

赤ちゃんが産まれたら、抱っこ抱っこの毎日です。

出かけるときにはもちろん、自宅でも抱っこ紐があると本当に便利です。

最近の抱っこ紐は、腰ベルトで肩への負担を軽減してくれるので、
普通に抱っこしているよりも抱っこ紐をしたほうが体が楽だったりします。

でも、本当にたくさん種類の抱っこ紐があるので、どの抱っこ紐を選んだらいいのか迷ってしまいますよね?

抱っこ紐の選び方や使い方のコツ、メリットなどを紹介していきます。

 

赤ちゃんにとって抱っことは?

赤ちゃんをだっこするお母さん
赤ちゃんにとって抱っこは必要なもの。
抱っこされることで赤ちゃんは安心感を得られます

以前は、抱き癖が付くから抱っこのし過ぎはよくないといわれていました。

しかし、最近は抱き癖なんてものはなく、
たくさん抱っこしてあげることが進められています。

たくさん抱っこをしてスキンシップを取ることで、
自信にあふれた好奇心旺盛な子になると考えられているようです。

赤ちゃんだけではなく、親にとっても赤ちゃんを抱っこしてスキンシップを取ることは癒しの時間となるでしょう。

ずっと抱っこをしていると重たくて手や肩、腰なども痛くなってきますよね。

でも、抱っこができるのもほんの何年間だけ。
抱っこができるうちはたくさん抱っこしてあげたいですよね。

抱っこ紐のメリットは?

抱っこをする父親

今や赤ちゃんとの生活に欠かすことができないといってもいい抱っこ紐。

特に月齢の低い赤ちゃんは、
ママから離れるだけで不安になってしまい泣いてしまう子も多いもの。

でも、ずっと抱っこしていては
家のことも何もできませんし、
体にも負担が大きくなってしまいます。

そこで助かるのが、抱っこ紐なんです。

抱っこ紐は両手が空くので、
お出かけの時でも荷物を持ったり、
移動をするにも楽ちんです。

ベビーカーだと荷物になってしまうこともありますが、抱っこ紐はコンパクトに収納できますし、エスカレーターは使えないのでエレベーターを探さなきゃなんてこともありません。

また、外出だけではなく、家にいるときにも便利。

抱っこ紐を使って抱っこしたりおんぶしたりしながら、洗濯や掃除、料理などをすることができます。

寝かしつけるときにも
抱っこ紐を使うととっても楽です。

抱っこ紐を使わないと片手しか使うことができないので、片側にだけ体に負担がかかりやすくなったり、赤ちゃんを落下させてしまう危険などもあります。

抱っこ紐は正しく使用することで、体の負担を軽減しながら、両手の自由が利くというのが大きなメリットになります。

私自身も子どもが小さい時には毎日抱っこ紐のお世話になっていました。

娘はベビーカーが嫌いだったので、
お出かけはもっぱら抱っこ紐。

抱っこされていることで安心するんでしょうね。

自宅でも、家事をしなくてはいけない時、寝ていてくれたらいいんですが、そういう時に限って起きてしまうもの・・・。

そんな時には抱っこ紐で抱っこしながら家事をしていると、ゆられているのが心地よいのかいつの間にか寝てしまうことも何度もありました。

抱っこはたくさんしてあげたいけれど、家のこともしなくちゃ!!と、気持ち的に追い込まれてしまいますが、抱っこ紐があるととても便利でした!

 

抱っこ紐を使用するときに気をつけたいこと

抱っこ紐で笑顔の母親と子供

赤ちゃんがいると生活の必需品ともなる抱っこ紐。

でも、気をつけなくてはいけないこともいくつかあります。

抱っこ紐を正しく使用する!

抱っこ紐は正しく使用しないと、体に負担がかかるのはもちろん、
落下などの危険もあります。

抱っこ紐を使用する方が多くなっている一方で、
抱っこ紐でも事故も増えているようです。

使用方法をしっかりと読み、必ず正しく使用しましょう。

正しく使用できているか不安な場合には、ちょっと大きめのベビー用品売り場(赤ちゃん本舗など)に行くと、正しい使い方を教えてくれることもありますよ。

赤ちゃんが成長すると、ベルトの位置などを調節する必要も出てくるので、こまめにチェックすることをおすすめします。

 

抱っこ紐の使用時には赤ちゃんの様子をしっかりとチェックする

赤ちゃんは器官が細いので、首を過度に曲げてしまうことで窒息などを引き起こしてしまう可能性があります。

また、長時間同じ態勢でいることで赤ちゃんの体にも負担をかけてしまいます。

長時間の使用は避けるようにして、使用中は赤ちゃんの様子をしっかりと確認するようにしましょう。

 

抱っこ紐は体に合ったものを使用しましょう。

抱っこ紐は海外製のものも多くあり、デザインなども人気が高いです。

しかし、外国人用サイズに作られているため、日本人の赤ちゃんには合わないことも。

実際に私も海外製の抱っこ紐を試してみましたが、娘は小さめだったこともあるのか、足が開きすぎてしまい、苦しかったのか泣いてしまいました。

日本製の抱っこ紐を試したところ、足の開くも無理がなく、ぴったりフィットしたので、私は日本製の抱っこ紐を購入しました。

 

抱っこ紐の劣化に注意しましょう

上の子で使用して、次に下の子が使う場合や、おさがりをもらって使う場合、劣化していて壊れやすくなっている場合もあります。

3年以上使用している抱っこ紐などは気を付けたほうがよさそうです。

 

抱っこ紐を長時間使用する時はママの体にも気をつけよう

これは私の話なんですが、長時間抱っこ紐を使用すると、肩などに負担がかかり、血行が悪くなるようで、肩こりがひどくなったり、乳腺炎にもなりやすくなりました。

血流が悪いと母乳にも影響が出るようなので注意です!

長時間使用するのは、赤ちゃんの体にも負担がかかりますが、ママの体にも負担がかかっていることをお忘れなく。

抱っこ紐は便利ですが、無理なく使用するようにしましょう。

抱っこ紐の選び方は?

笑顔で赤ちゃんを抱っこするお母さん

たくさんの種類がある抱っこ紐。

どのように選んだらいいのでしょうか?
選ぶポイントをいくつか紹介します。

抱っこ紐は子供の成長に合わせて選ぶ

抱っこ紐は首が座る前には使用できないもの、
首が座る前から使用できるものがあります。

新生児から使用したい場合には、
首が座る前から使用できるものを選びましょう。

別売りのインサートを使用すれば、
新生児から使えるようになるものもあります。

 

抱っこ紐は使用頻度や時間によって選ぶ

短時間の外出で使用したい。
長時間使用したい。
など、使用頻度や使用時間によって選んでみましょう。

 

赤ちゃんの体に合った抱っこ紐を選びましょう

海外の抱っこ紐は日本人の赤ちゃんの体には合わないこもあります。
赤ちゃんの合った抱っこ紐を選ぶようにしましょう。

 

抱っこ紐は使いやすいものを選びましょう

どんなに高機能であっても、
ママが使いこなせなければ意味がありません。

抱っこ紐を使用するときには、
ママが一人でいるときが多いでしょう。

自分一人でも使用できる
簡単なものを選ぶようにしたほうが安心です。

 

抱っこ紐は素材で選ぼう

季節によって蒸れやすい抱っこ紐。

メッシュ素材だったり、
オーガニック素材だったり、素材もいろいろです。

赤ちゃんや季節に合わせた素材で選ぶようにしましょう。

 

おすすめの抱っこ紐ランキング

たくさんの種類のある抱っこ紐。

いろいろ選ぶ基準はあると思いますが、ランキング形式でおすすめの抱っこ紐を紹介したいと思います。

 

おすすめの抱っこ紐第5位 キューズベリー・コンパクト抱っこ紐

おすすめの抱っこ紐第5位noキューズベリー・コンパクト抱っこ紐

(画像出典:http://www.amazon.co.jp/)

キューズベリー・コンパクト抱っこ紐の一番の特徴は、軽さです!

独自技術によって肩や腰にかかる負担がこれまでのものの半分に軽減されているようです。

太い肩ひもとベルトで赤ちゃんの体重が全体に分散するので、赤ちゃんの体重が半分に感じるという方のいるそうですよ!

たくさんのバックルを停める必要もないので、あっという間に装着できます。

そして、一番のおすすめポイントは、前開きなので、赤ちゃんが寝ても起こさずに下すことができます!

せっかく寝ているのに、抱っこ紐から降ろそうと思ったら起きちゃって大泣き…。
そんなことが、よくあるんですよね…。

起こさずにそのまま寝せられるのはかなりポイントが高いです。

抱っこなら首が座ってから3歳ごろまで。

おんぶなら、約4か月から使用可能です。

畳むとかなりコンパクトになるので、いつもカバンに入れておいて必要な時にさっと出すこともできますね。

デザインやカラーも豊富!
デニム風のデザインのものもあるので、ママだけではなく、パパも使いやすい抱っこ紐ですよ。

 

おすすめの抱っこ紐第4位 アップリカ 抱っこ紐 コランビギ

おすすめの抱っこ紐第4位 アップリカ 抱っこ紐 コランビギ

(画像出典:http://www.amazon.co.jp/)

アップリカ 抱っこ紐 コランビギ は4WAY。

抱っこ、おんぶはもちろん、前向き抱っこや腰抱っこができます。

おんぶは便利ですが落下事故も多く心配というママも多いですが、「アップリカ 抱っこ紐 コランビギ」には、おんぶハーネスがついているので、落下を防止してくれます

私もアップリカ の抱っこ紐 を使用していたのですが、このおんぶハーネスがあったので、安心しておんぶができました。

おんぶは自分一人でするのが大変なのですが、ハーネスで固定されているので、一人でも簡単におんぶができました。

そして、我が子の場合、海外製の抱っこ紐では股が開きすぎて居心地が悪そうでしたが、アップリカ 抱っこ紐 コランビギ は、またが開きすぎることもなく、ごきげんで使用できました。

メッシュ素材なので、洗ってもすぐに乾くのも助かります。

赤ちゃんのよだれや吐き戻したミルク、汗などで汚れやすいんです。
でも、洗っても乾かないとなると、使いたいときに困りますよね。

すぐ乾くというのもポイントが高いです。

デザインがかわいいものも多いので、好みのものを選ぶことができます。

 

おすすめの抱っこ紐第3位 エルゴベビー

おすすめの抱っこ紐第3位 エルゴベビー

(画像出典:http://www.amazon.co.jp/)

抱っこ紐の王道ともいえるエルゴ。

海外セレブなども使用しているといわれている抱っこ紐です。

とにかく肩が楽!

肩ストラップ全面で肩にかかる負荷を分散させてくれるので、普通に抱っこしているよりも断然楽ちんです。

2015年からのエルゴは赤ちゃんを中で固定するベルトがついているので、
するっと抜け落ちる心配も軽減できます。

また、エルゴにはインファントインサートという、赤ちゃんの首をホールドしてくれるクッションがあり、抱っこ紐の内部に取り付けることで首が座る前の新生児から使用できます。

これがエルゴの一番の人気の理由かもしれません。

新生児というと横抱っこが主流ですが、首が座る前の赤ちゃんって、横抱っこより立て抱っこのほうが好きだったりします。

だから、横抱っこの抱っこ紐にのせると大泣き!なんてことも。
インサートをつけて首をしっかり支えながら立て抱っこができるエルゴは本当におすすめです!

ただ、値段が高めなのが難点です。
それに付け込んでか、激安の偽物が多く販売されているそうなので、購入するときには気をつけましょう。

 

おすすめの抱っこ紐第2位 ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル

おすすめの抱っこ紐第2位 ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル

(画像出典:http://www.amazon.co.jp/)

小児科医と協力の下で開発された抱っこ紐「ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル」。

首が座る前から付属品なしで使用できるのがおすすめポイントです。

実際に私も使用していたのですが、ヘッドサポートでしっかりと赤ちゃんの頭を支え、まっすぐな姿勢を保ってくれるので、赤ちゃんが苦しそうな様子もなく、いつもごきげんでした。

装着方法もとても簡単です。

しかも、外すときにもバックルを外すだけでいいので、寝ている赤ちゃんを起こすこともありません。

新生児抱っこ、対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶができるので、かなり長く使用できる抱っこ紐です。

とても軽いので、持ち歩きにも便利ですよ。

 

おすすめの抱っこ紐 第1位napnap

おすすめの抱っこ紐 第1位napnap

napnapは、日本ブランドの抱っこ紐。

あまりメジャーではありませんが、高機能の抱っこ紐です。

エルゴやアップリカなどよりも低価格ですが、抱っこ紐としての機能が劣ることがありません。

おんぶの時の落下防止のためのベルトもしっかりとついていますし、新生児パッドをつけると新生児から使用できます。

前抱っこはできませんが、これまで抱っこ紐を長く使用してきた私は前抱っこをしたことがありません。
なので、問題はないと思います。

日本人向けサイズの抱っこ紐なので、少し小さめの作りになっているようです。
小さめの赤ちゃんなどにも安心!おすすめです。

ただ、店舗であまり販売されていないので、実際に試してきてからの購入というのは難しいかもしれません。

napnap(ナップナップ)
は通販での入手がおすすめです。

大容量のポケットがついているので、ハンカチや替えのおむつくらいなら入れることができて便利です。

コンパクトに畳める抱っこ紐というのも嬉しいですね。

デザインも豊富で、他のママとかぶることも少ないのではないでしょうか?

とにかくコスパがいい!それが1番人気の理由です。

コスパと機能性に優れた先輩ママおすすめの抱っこ紐なら安心して使えますね。

人気の抱っこ紐のお得な購入は

napnap(ナップナップ)

たくさんの種類がある抱っこ紐、とにかく、ママと赤ちゃんが快適に過ごせるものを選んでください。

抱っこ紐でママと赤ちゃんの距離が縮まり、笑顔溢れる毎日を過ごせますように!

 

妊娠中はもちろん、産後も授乳期間も摂取が大切な葉酸。しっかりととりましょうね!

葉酸をたっぷり摂取できるおいしいレシピはご存知ですか?

栄養に十分気をつけて、自分の健康も、赤ちゃんの健康も守りましょうね!

また、抱っこ紐と同じで、あると便利な必需品が、よだれかけのスタイとマザーズバッグです。

経験者がスタイの上手な選び方をアドバイスいたします!

また、マザーズバッグを選ぶ時のポイントもお伝えしますね。

 

The following two tabs change content below.
藤森さや

藤森さや

同じ年の主人と小学生の長男、1歳の長女の4人暮らし。 ゆっくりお酒を飲んだり、本を読んだり、映画を見たりしたいけれど、なかなか自分の時間が取れない毎日。 朝から晩までバタバタと忙しく、息をつく間もないほどですが、 子どもの笑顔と寝顔で癒されています。 のんびり温泉でも行きたいなー。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

3 Responses to “おすすめ抱っこ紐ランキング!抱っこ紐の使い方と選び方”

  1. […] だっこ紐を選ぶ時のポイントはご存知ですか? […]

  2. […] また、出産したらぜひ入手したい抱っこ紐の上手な使い方と選び方もぜひチェックしてみてくださいね! […]

  3. […] また、抱っこ紐の上手な選び方や使い方がわからない!という人のために、抱っこ紐について経験者としてアドバイスしています。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ