歯科医に聞く!黄ばみを防ぎ白いキレイな歯を保つ歯磨きのコツ

  • LINEで送る

スポンサードリンク




歯科医師天野先生

 

女性にとって、歯の美しさは大切ですね。

笑顔の魅力も歯で決まります。

でも、どうしたら歯の美しさと歯の健康を保てるのでしょうか?

 

各メディアで歯の啓蒙活動を行っている歯科医師の天野聖志先生に、歯の黄ばみの原因からセカンドオピニオンまでお話を伺いました。

 

あなたの歯はキレイですか?アメリカでは歯の美しさが大切

第一印象が良い美しい歯

 

――天野先生はアメリカへ留学なさっていましたが、日本とアメリカのデンタルケアの違いはどんなところでしょうか。

 

日本の人は、歯が痛くなってから、治療のために歯科にかかります。
でも、アメリカやヨーロッパでは、予防のために歯科に行きます。

アメリカ人は、歯が痛くなくても歯科医に行くのが日常になっています。
アメリカでは少なくとも半年に一度は検診に行きますね。

歯に対する関心が高いんです。
アメリカでは第一印象や外見がとても大事です。
様々な人種の人たちが入り混じって暮らしていることもあり、外見、特に笑顔が大切です。

笑うと歯が見えますので、キレイな白い歯がよいのです。
また、アメリカ人が虫歯予防のために歯科に行くのには、別の理由もあります。
アメリカでは、日本と違って、歯の治療費が高額なのです。

ですからアメリカ人は虫歯にならないように気を遣います。
日本では、歯医者に行くのは痛くなったり、詰め物が取れてからですよね。
他の国のように、予防の意識を高めてもらえたらうれしいです。

 

知覚過敏は歯の磨き方で起こる?

7e2cf5f9fefb3bbff3fc70afb95ff66a_s

 

――歯磨きはヨコ磨きとタテ磨きがあるようですが。

 

ヨコ磨きだと、歯ブラシで一度に歯を2、3本一緒に磨いてしまいます。

すると、歯の間に毛先が入りません。

 

でも、タテ磨きだと1本しか磨けませんから、歯と歯の間にちゃんと毛先が入ります。

タテ磨きすると軽く細かに、正しく歯を磨くことができるのです。

タテ磨き

でも、タテ磨きしている方は少ないですね。

 

タテ磨きのもう一つのメリットは知覚過敏を予防できることです。

 

歯周病の方は、歯の根っこが出ている方もいます。

その場合、ヨコ磨きで強く磨くと根っこを削ってしまうことがあります。

それで知覚過敏が起こる。

 

ヨコ磨きすると大きく歯ブラシを動かせてしまうのですが、タテ磨きだと上下方向があまり動きません。

 

タテ磨きだと強い力をかけても歯ブラシが大きく動かせないので、自然に細かな動きになります。

そのため、歯が削られません。

 

キレイな歯をキープするコツは?

 

美しい歯で笑顔が魅力的な女性

――キレイな歯の見た目を保つコツはあるのでしょうか。歯が黄ばむのを防ぐには?

 

歯が黄ばむのは、毎日口に入れる飲み物や食べ物の色が歯についてしまうからです。

 

また、強く歯を磨くことも、黄ばみや汚れの原因になってしまいます。

 

歯の汚れをキレイにしようという気持ちはわかりますが、力を入れて歯を磨いてしまうと、表面のエナメル質が薄くなってきてしまいます。

 

すると、「象牙質」という部分が歯茎の近くで露出することもあるのです。

この部分は着色しやすいので、歯が黄ばみやすくなってしまいます。

 

キレイな歯をキープしたければ、歯を傷つけないタテ磨きで歯磨きするのがよいでしょう。

 

ただ、黄ばみだけを気にしても、キレイな歯だとはいえないのではないでしょうか。

 

差し歯にしたり、ホワイトニングで歯だけキレイにしても、歯茎が腫れていたり出血していると見た目はよくありません。

歯茎の色や形も大事なんですよ。

 

身体が健康でないと歯茎もキレイになりません。

ですから、身体全体を整えるのが実は一番大切です。

 

また若い方なら、ただ単に歯を白くするのではなく、歯並びを矯正したほうがよいでしょう。

 

見た目がよくなるのはもちろんですが、歯並びは虫歯や歯周病と大きく関係しています。

 

虫歯になりやすい方は、歯並びや噛み合わせが悪いのです。

噛み合わせが悪いと、噛む力が均等にすべての歯に分散されずに、一部の歯に負担が集中します。

 

すると歯が欠けて虫歯になったり、歯周病になりやすくなってしまいます。

奥歯ばかりで噛むと、奥歯も虫歯になりやすくなるのです。

 

歯並びや噛み合わせは若いうちに治すとよいでしょう。

 

矯正は10代後半から20代が一番よいのではないでしょうか。

短い時間でできるし、歯磨きへの意識も高いからです。

 

矯正中は虫歯になりやすいのですが、中高生だと歯磨きへの意識が高くはないので、難しい部分もあります。

 

歯の汚れが半分残っている人がほとんど?

デンタルフロス

 

――虫歯を予防するための歯磨きで、特に大切なポイントは?

 

一つは、デンタルフロスを使うことです。

 

歯ブラシだと、どんなに頑張っても半分ぐらいの汚れしか取れません。

歯の間が磨けないため、汚れが残ってしまうのです。

 

デンタルフロスをしないと、歯と歯の間の虫歯のリスクが高まります。

 

アメリカやスウェーデンでは、半分以上の人がデンタルフロスを使っています。

でも、日本では20%以下です。

 

デンタルフロスは使いづらいというイメージがあるかもしれませんが、ホルダー付きのものであれば使いやすいですよ。

 

歯間ブラシは、歯と歯に隙間ができている方にはよいのですが、若い方が使うと歯茎を傷めることがあります。

若い方にはデンタルフロスのほうがよいでしょう。

 

虫歯になりやすいスイーツ、虫歯になりにくいスイーツは?

パンケーキ

 

――歯の健康を保つために必要な生活習慣、食事についてアドバイスしてください。

 

夜の22時から2時は、すべての細胞が再生する時間です。

 

ですから、その時間は本当は寝ていないといけないのです。

最低でも0時までには寝てほしいと思います。

 

歯の健康も歯茎の健康も全身状態と関係があります。

 

また、睡眠不足だと、唾液の分泌量が減ってしまいます。

 

唾液の分泌量が減ると、口臭にもなりやすいですし、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

 

黄ばみについても、唾液がサラサラしていてたくさん出ていれば、歯が黄ばみにくいんですよ。

 

 

食べ物について言うと、若い方は甘い物が好きだと思いますが、歯のためには口の中に残らない甘い物のほうがよいでしょう。

 

糖分が口の中に長時間あると、口の中が酸性になって、虫歯になりやすくなります。

キャラメルや飴、ヌガーやクッキーなどですね。

 

種類にもよりますが、むしろ、ケーキのほうが口の中に残っている時間は短い。

ゼリーやプリンもそうですが、短時間で食べられるスイーツのほうがよいです。

 

歯科医選びのコツは?意見が合う先生を

歯科医の治療

 

――先生の医院では、セカンドオピニオンにいらっしゃる患者さんも多いと伺っています。

(注:セカンドオピニオンとは、最初に診断をしてもらった医師の他に、他の医師に意見を聞くことです)

 

歯科医師によって、治療について意見も技術も違います。

 

私の病院には、他の医院で「削る」「抜く」などと診断を受けた患者さんがいらっしゃいます。

例えば、私はなるべく歯を抜かないようにしていますが、「抜いたほうがいい場合」もあります。

 

その判断をするために、もし最初にかかった歯科医の診察に納得できない場合は、別の歯科医で診察してもらうとよいでしょう。

 

最終的には、ご本人の判断になります。

 

歯科医を選ぶ時のコツは、相性になります。

自分の価値観にあった歯科医を選ぶ、話を聞いて納得できる歯科医を選ぶのがよいと思います。

 

基本的には神経を抜くと歯の寿命が短くなるので、神経は抜かない方が良いと思います。

 

スマホアプリで正しい歯磨きがマスターできる!?

スマホを操作する若い女性

 

――先生が製作し、使用者一万人を突破したという歯磨きアプリについて伺わせてください。(注:『歯磨き貯金』というアプリで本格的なスマホアプリです)

 

娘が中学生になると、学校や部活が忙しくて、歯磨きどころではなくなりました。

 

お友達と遊んだり、スマホを見たり、部活するのが主になって…。

歯への関心も低くなりました。

 

歯磨きのモチベーションを上げようと思って、作りました。

 

歯磨きをするのは、将来的には自分のためになりますが、すぐにメリットがあるわけではありません。

やる気を高める「ご褒美」として、アプリを作ったのですね。

 

※無料の歯磨きアプリ『歯磨き貯金』は、ゲーム感覚で楽しみながら歯磨きできるアプリです。アプリと一緒に正しい歯磨きすることで、歯とお口をきれいに保てます。現在一万人以上の方が使用しています。アプリの詳細については、以下をご覧ください。

http://amanodental.com/hamicho.htm

(スマホ、タブレット対応です)

 

<天野聖志歯科医師プロフィール>

天野歯科医師のプロフィール写真

東京歯科大学卒業後、米国マーケット大学歯学部大学院にて歯科修士課程卒業(マスターオブサイエンス)。帰国後、天野歯科医院院長に就任。単に虫歯や歯周病を治すだけでなく、将来に渡る歯の健康と美しさを視野に入れた総合的な治療を実現するため、専門医による米国式チーム歯科治療を実施している。また出来るだけ歯を削らない治療、神経や歯を抜かない治療にも力を入れている。

 

The following two tabs change content below.
吉乃川なつ

吉乃川なつ

本とお酒が大好き! 本は小説からビジネス書、マンガまで前に出されたら何でも読んじゃいます。お酒もビール、日本酒、ワイン、すべて愛しています。 人生や仕事に疲れたみなさんに、ホッと安らげるような記事をご提供できればと思います。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

2 Responses to “歯科医に聞く!黄ばみを防ぎ白いキレイな歯を保つ歯磨きのコツ”

  1. […] 歯科医が教えてくれた歯の黄ばみの原因は何でしょうか? […]

  2. […] 口臭より歯の黄ばみが気になる!という方は、歯医者さんが教えてくるれるキレイな歯を保つためのコツ、必読です! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ