ビールで痩せる!?ビール好きに嬉しいダイエット効果。飲み方は?

  • LINEで送る

スポンサードリンク




暑い日・・・。

仕事を頑張った日・・・。

なんだか疲れた日・・・。

そんな時に飲みたくなるビール!!

 

でも、ビールを飲んでいると、

「また飲んだら太るかも・・・。」

なんて言う罪悪感を感じたことはありませんか?

 

ビールは太る。

それがこれまでの常識であり、

多くの方が思っていることです。

 

しかし!!

ビールを飲んだからと言って太るわけではないようです。

それだけではなく、ビールを飲むことで痩せる効果が期待できるようです!!

 

大好きなビールを我慢したくない!

ビールを飲んでいてもダイエットをしたい!

という方へ!

痩せる効果や飲み方などを紹介します。

 

 

ビールは太るは間違っていた!?ビールを飲んでも痩せられる

 

ビールを飲むと太る。

ずっとそう思ってきました。

「ビール腹」と言われるズボンの上に乗るおなかのお肉も、

ビールを飲むことが原因とこれまで言われてきましたよね?

 

しかし、「ビール腹」の原因は、ビールではなく、

食べ過ぎや運動不足によるものであるということがわかってきているそうです。

ビールで太るのではなく、その時のおつまみや、運動不足が原因なのですね。

ビールは太るというのが間違いとわかれば、

ビールで痩せることも可能ということになるでしょうか!?

 

ビールで痩せる理由は?ダイエット効果はあるの?

 

ビール腹はビールのせいではない。

ビールにはダイエット効果があるといいますが、

ビールで痩せるのには、どんな理由があるのでしょうか?

 

ビールのカロリーはすぐ消費される!

ビールに限らず、アルコールを飲むと体があたたかくなります。

体があたたかくなるということは、カロリーが消費されているのです。

 

ビールのカロリーはすぐに消費されてしまうので、

エンプティカロリーなんて言われます。

そのため、ビールは太る原因ではないようです。

 

ビールにはビタミンB2が含まれている!

ビールに含まれている酵母には、ビタミンB2が含まれています。

ビタミンB2には脂肪燃焼効果があり。ダイエット中にはしっかり取りたい栄養素なのです。

 

スポンサードリンク



 

整腸作用がある

腸内環境が悪化していると太りやすいのをご存知ですか?

ビールには炭酸ガスが含まれています。

ビールに痩せる効果があるのは、この炭酸ガスが胃腸の働きを活発にしてくれるからです。

 

また、アルコールは胆汁の分泌を促してくれます。

胆汁は腸内の脂肪やタンパク質の消化を促進してくれる効果があります。

 

腸内環境をよくしてくれることで、痩せる効果が期待できるようです。

 

ビールを飲んで痩せられない・・・。太り原因はこれだ!

 

ビールで痩せる効果が期待できるといっても、

ビールを飲んでも痩せられない。

逆に太ったような気がする・・・。

実は、ビールも飲みすぎると太ってしまうのです!

 

ビールの飲みすぎで太る原因は何なのでしょうか?

 

おつまみを食べすぎる!

ビールには食欲を抑制するホルモン「レプチン」を減少させてしまうと言われています。

また、整腸作用にもつながる炭酸ガスですが、

胃壁を刺激するため、食欲増進効果が高まるのです。

そのため、ついついおつまみを食べすぎてしまい、カロリー摂取が増え、

太ってしまう原因になるようです。

 

ビールを飲みすぎると腸の調子が悪くなる

ビールで痩せる理由に、整腸作用がありましたが、

ビールを飲みすぎると逆効果に!!

腸の調子が悪くなってしまいます。

 

ビールを飲みすぎることで下痢になりやすいのですが、下痢になると

ミネラルやビタミンなどが腸から吸収されなくなってしまいます。

それも太りやすくなる原因です。

nbsp;

スポンサードリンク



 

ビールを飲むと中性脂肪を増加させる酵素が増える

ビールに限らず、アルコールを摂りすぎると、

中性脂肪を合成する酵素が肝臓内で増加してしまいます。

中性脂肪が作られやすくなってしまうので、

太りやすくなってしまうようです。

 

ビールを飲むと冷え性になる?

アルコールを飲むと体が熱くなりますよね?

それがビールで痩せる効果にもなっていますが、

その後は急激に体が冷えていきます。

飲みすぎることで一気に上がった体温が一気に下がってしまい、

冷え性を悪化させてしまうことも。

冷え性は代謝も悪くなるので、太りやすい身体になってしまいます。

 

 

ビールで痩せるにはどうしたらいいの?量は?ダイエットできる?

 

ビールには痩せる効果もありますが、

飲み方によっては、太ってしまうことも。

 

それでは、ビールで痩せるには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

 

ビールを飲みすぎない!!

飲み過ぎは太りやすい体の元になるようです。

アルコールは、1日25gが適量と言われています。

 

ビールならロング缶1本、500mlとなります。

お店で飲むなら大体中ジョッキ1杯ほどです。

 

1日500mlまでなら、ビールで痩せることができる、

ダイエット効果が期待できるようです。

nbsp;

スポンサードリンク



 

ビールのおつまみに気をつける!!

ビールを飲むと、おつまみがほしくなりますよね。

ついつい揚げ物など、味の濃いものや脂っこいものを食べたくなってしまますが。

そのカロリーのとり過ぎがダイエットの敵!

ビールで痩せるためには、おつまみは、野菜やお豆腐などの低カロリーのものを食べるように心がけましょう。

ねばねば食品や酢のものなどもおすすめですよ。

 

 

 

いかがでしたか?

 

太りやすかったり、体に良くないイメージのあるアルコールですが、

適量であれば、ダイエット効果だけではなく、

心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げるとも言われています。

 

飲み過ぎ、食べ過ぎに気をつければ、

安心してビールを楽しむことができますね!!

 

私自身、ビールは好きだけど、痩せたい!

そう思っていました。

ダイエットは継続していかないとリバウンドなどの心配がありますよね?

でも、好きなものを我慢すると続けられないもの。

 

「ビールを我慢するなんて無理!!だからダイエットも無理!!」

 

そう思っていました。

 

でも、ビールを飲んで痩せられる効果が期待できることを知って、

適量なら罪悪感なくビールを飲めるようになりました。

とてもうれしいです!

 

これまでビールを飲みながら、罪悪感を感じていたあなた、

適量を心掛け、おつまみに気をつけて、

楽しく無理なくダイエットができるといいですね。

The following two tabs change content below.
藤森さや

藤森さや

同じ年の主人と小学生の長男、1歳の長女の4人暮らし。 ゆっくりお酒を飲んだり、本を読んだり、映画を見たりしたいけれど、なかなか自分の時間が取れない毎日。 朝から晩までバタバタと忙しく、息をつく間もないほどですが、 子どもの笑顔と寝顔で癒されています。 のんびり温泉でも行きたいなー。

スポンサードリンク



当サイトいやしこむには、心身ともに疲れて癒しを求める方がたくさん来られます。
そこで、このサイトを訪れた方を癒せるように、究極の癒しの音楽を探しました。
そして、ついに見つけたのは「自律神経にやさしい音楽」です。
医学博士も勧めるヒーリングミュージックとは、どんな音楽なのでしょう?
実際にCDを購入して聴いてみました。
1週間聴き続けてどんな効果があったのか、体験レビューはコチラの記事をご覧になってみてください。
癒しを求める方、必見です。

↓ ↓ ↓

究極の癒しの音楽「自律神経にやさしい音楽」を実際に聴いてみて体調は変化したのか?レビュー記事はコチラ


  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ