YangChen(TW)

(出典:photo by YangChen(TW) クリエイティブコモンズ)

 

大学生が主人公の青春小説を読んで目標を見つけよう

「とりあえず大学に入ってみたけど、何をしていいか分からない」

「大学に入学してからもうだいぶ経つのにやりたいことが見つからない」

「授業に出てもつまらないし、恋愛もうまくいかない。バイトしてるだけ」

 

 

大学にとりあえず入ってみたけど、やりたいことが見つからない人って多いですよね。

私も大学生だった頃があります。

授業に出てもあまり興味を持てないし、恋愛もうまくいかない。

サークルには入ったけど、月に1回活動するくらい。

アルバイトをしているわけでもない。

 

何をしていいのか分からない時に出会ったのが本でした。

「大学生の時に何をしていたか?」と訊かれれば、「本を読んでいました」と答えます。

そして、今はライターとして働いています。

 

ライターであり、これまで1,000冊の本を読んできた私が大学生に読んで欲しい本を1冊だけおすすめします。

宮本輝さんが書いた『青が散る』という小説です。

 

スポンサードリンク



 

大学生が主人公で大学が舞台、恋愛あり・友情あり・葛藤ありの青春小説『青が散る』

Illusive Photography

(出典:photo by Illusive Photography クリエイティブコモンズ)

 

恋愛小説要素

この小説はこんなシーンから始まります。

小説の主人公である燎平はあまり行きたくない大学に合格し、入学するか迷っていました。

入学手続をするか迷いながらも大学の事務局に来た燎平は、同じように迷っている佐野夏子という美人に会います。

二人は少しだけ話をすると、夏子は入学することに決めて手続きを済ませ先に帰っていってしまいます。

燎平も夏子に会ったことにより、その大学に入学することを決めます。

このシーンが印象的なんです。

 

大学で夏子に再会した燎平はどんどん彼女に惹かれていきます。

小説を読んでいて、燎平と同じように私も夏子に惹かれてしまいますが、燎平の夏子への恋はうまくいきません。

なにせ夏子はどこにいても目立ってしまうくらいの美人だからです。

 

ハンサムでもなければ、お金持ちでもなく、人より分かりやすく秀でたところがあるわけでもない燎平の恋はうまくいかないのです。

ここがまた共感できるんですよね。

 

だからこの小説はいかにも恋愛小説っぽくは進行しません。

 

スポーツ小説要素

燎平はひょんなことからテニス部に入ることになります。

そこで部員たちとテニスに打ち込みます。

サークルのような遊び半分ではなく、かなり真剣にです。

若さというエネルギーをテニスに注ぎ込む姿は爽やかであり、心を打つものがあります。

そこでの努力、友情、勝利、敗北、才能との葛藤…。

そういった姿が美しいんです。

 

テニスの試合の心理戦の描写を読んでいると、テニスをしたことがない私もテニスの難しさと面白さが分かってきます。

 

青春小説要素

恋愛とテニスだけではありません。

燎平は多くの人たちと出会います。

多くの登場人物が出てくるのに、一人ひとりの登場人物がしっかり描かれていて、読んでいる私もその人物が好きになったり、嫌いになったり、みんな魅力的に描かれています。

金子、安斎、ポンク、貝谷、夏子、祐子、ガリバー、応援団の連中、田岡、夏子の母、フランス人のペールといった多くの人と出会うことで、燎平は成長していきます。

青春小説の醍醐味はなんといっても主人公の成長ですよね。

 

燎平は分かりやすく秀でた能力はないかもしれませんが、多くの人と物怖じせずに自分を持ちながら接することのできる、とても魅力的な人なのです。

 

応援団の連中、ヤクザまがいの団体、盛り場での飲み、才能との葛藤、大人との確執、夏子の家族との交流、燎平のことを好いてくれる女性…。

色々な場面で、燎平は燎平らしく振る舞い、乗り越えていきます。

書いていて、やっぱり燎平って格好いいなという気がしてきました。

 

でも、どこにでもいそうな普通の人として読めるんですよね。

不思議なんですが、主人公にとても共感できることも、この小説の魅力です。

 

心に残るラストシーン

この小説のラストはすごく印象的です。

今回この記事を書くにあたり、ラストシーンをもう一度読み返しましたが、やっぱりすごく心に残るシーンです。

昔も、今も、何度も燎平の気持ちを想像しました。

分かるような気もしますが、やはり分からない気がします。

ぜひ読んでみて、主人公の燎平の気持ちを想像してみてください。

複雑な気持ちになると思います。

 

スポンサードリンク



 

大学生が読むべき大学生が主人公のおすすめ青春小説の金字塔

jorgemejia

(出典:photo by jorgemejia クリエイティブコモンズ)

 

『青が散る』という小説の魅力を言葉で表現するのは難しいです。

実に様々な要素の含まれた小説だからです。

 

恋愛小説であり、スポーツ小説であり、青春小説であり、純文学であり、エンタテイメント小説でもある、そしてどの小説としても素晴らしい小説です。

現実の大学生が考えたり、悩んだり、葛藤したり、経験したりする様々な要素がすべて盛り込まれた小説です。

そういう意味で、やはり青春小説という表現が一番ぴったりきます。

楽しいだけじゃない、辛いこともたくさんあるけど、こんな大学生活を送れたら成長できるだろうなという『青が散る』という小説。

二度と訪れることのない大学生活という輝かしい青春時代をこんなふうに過ごせたら、あなたも自分の大学生活のことを誇らしく思えるようになるはずです。

 

「やることがない」「やりたいことが見つからない」なんて言っている場合じゃないですよ。

あなたも読んだら大学生活を充実させたいという気持ちになれます!

 

画像が楽天ブックスにリンクしていますので、ぜひ見てみてください。

他の方が読んでどう感じたかレビューも見られます。

<小説データ>
『青が散る』
宮本輝
文藝春秋
445ページ
1982年10月発売
本が苦手な人の読みやすさ★★★★
おすすめ年代 大学生
おすすめ性別 どちらかといえば男性

<作者プロフィール>
宮本輝(ミヤモト・テル)
1947(昭和22)年兵庫県生れ。1977(昭和32)年『泥の河』で太宰治賞を受賞しデビュー。
代表作は『螢川』(芥川賞)、『優駿』(吉川英治文学賞)、『約束の冬』(芸術選奨文部科学大臣賞文学部門)など。著書多数。

 

 

小説だけじゃなく、大学生が読むべき本があります。

頭の柔らかい時期だからこそ、読んでおきたいおすすめの教養本です。

難しい本ですよ。あなたに理解できるかな?

本を読みたいけど何を読んでいいか分からない大学生も教養として読んでおくといいです。

http://iiiyashi.com/065-2/